包装フィルムなど初めてフィルムを使用される方へ-フィルムを選ぶポイントについてご紹介いたします
梱包用テープ、フィルムテープの阪和紙業社TOP > 初めてフィルムを使用される方へ

包装フィルムなどフィルムを初めて選ぶ際のポイントについてご紹介します

このページでは、包装フィルムなど、初めてフィルムを使用される、または今お使いの素材から新しい素材へ変更される場合のフィルムの選び方のポイントについてご紹介します。
一口にフィルムといっても様々な種類があり、お求めになる機能性、仕様用途等によって最適なフィルムはそれぞれ異なります。阪和紙業社は最適なフィルム選びをお手伝いすることが可能です。詳しくは以下をご覧下さい。


包装フィルムなど取り扱いフィルム

阪和紙業社では、様々な素材・形態のフィルム製品を取り扱っております。包装フィルムにも用途によってご提案する内容は異なります。取り扱いフィルムを、素材別、要望別、製品の形態別にご紹介しています。
詳しくは以下からご覧下さい。

包装フィルムなど取り扱いフィルム

素材で探されている方:

取り扱いフィルム素材一覧

ご要望別フィルム一覧:

<機能性に関するご要望>
通気性のある素材  ガスバリア性・保香性のある素材 
耐熱性・耐寒性のある素材 強度のある素材

<素材の特徴に関するご要望>
ヒートシール性のある素材  環境対応素材  防錆性の素材

<見栄えに関するご要望>
透明性・光沢性のある素材

<作業性に関するご要望>
滑りにくい素材  帯電性が少なく、耐候性のある素材

フィルム選びのポイント

包装フィルムをはじめ、フィルムを選ぶ際は「内容物」、「使用環境」がポイントとなります。詳細は以下の4点となります。


Point1内容物

包装フィルムなどフィルム選びのポイント:内容物内容物の特性により、包装フィルムに求められることは大きく異なります。
まず内容物を食品、薬品、アパレル、雑貨品、産業資材、と大分類し、包装フィルム素材を決定していくことが重要です。更に食品は水物や乾物、芳香品と分類していき、最適なフィルム素材を決定します。 また、産業資材の場合は、重量や形状も素材決定の要素として非常に重要です。


Point2使用用途

使用目的や用途により、包装フィルム選びも大きく変わります。
内容物の包装の場合と、保護の場合とではフィルムの性質や求められる機能が変わります。他には販促目的や、見た目を美しくする場合など、使用目的を詳しく聞かせて頂くことが、最適なフィルム選びにつながります。


Point3使用環境

使用環境も、大きくは屋外か屋内かといった点で、包装フィルムを選ぶ基準やポイントが変わってきます。
屋外ならば耐候性や耐熱性といった機能が必要となってきますし、屋内でも冷蔵庫や空調の効いている場所なのか、もしくは気温・湿度が高いのか、といったようなポイントを考慮することが重要となってきます。


Point4印刷の有無

意外に思われるかもしれませんが、印刷をするかしないかというのも、フィルム選びの際に重要なポイントとなります。
というのも、パソコンのディスプレー上での色味と、フィルムに印刷した場合の色味は若干異なるので、サンプルで印刷し、イメージの確認を行う必要があるからです。ご希望の色味により、最適な素材も変わってきます。
また、商品の説明文や模様を包装フィルムに印刷する場合、断裁時や加工時の熱で切断面が溶けてしまい、場合によっては文字が歪むなどの問題が発生することもあります。フィルムの特性を見極めた上で、製作時にその事を考慮したサイズ設定を行う事が大切です。
包装フィルムなどフィルム選びのポイント:印刷の有無
ページトップへ

包装フィルムなど最適なフィルム選びは阪和紙業社にお任せ下さい

初めてフィルムを使用される場合、どのような基準でフィルムを選べばよいのかわからないと思います。
フィルムは、上記のように内容物や使用環境、加工時の注意などを考慮し、個々のフィルムの特性を踏まえた上で最適な選択をすることが重要です。阪和紙業社では素材決定から加工方法、保存方法など、最大限のアドバイスをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

取り扱いフィルム素材一覧  ロールフィルム製品一覧

機能性に関するご要望
通気性のある素材   ガスバリア性・保香性のある素材 
耐熱性・耐寒性のある素材 強度のある素材

素材の特徴に関するご要望
ヒートシール性のある素材   環境対応素材   防錆性の素材

見栄えに関するご要望
透明性・光沢性のある素材

作業性に関するご要望
滑りにくい素材   帯電性が少なく、耐候性のある素材

各種業務用テープのことなら阪和紙業社にお任せ下さい。

お問い合わせはお電話・FAX・インターネットで承っております。
(営業時間 8:30〜17:30 土日祝休み)

TEL:06-6702-0549 FAX:06-6702-5809

E-mail:info@hanwashigyousha.co.jp

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝え下さい。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用下さい。
折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちら