通気性のあるフィルム素材、ガスバリア性・保香性のあるフィルム素材をご紹介します
梱包用テープ、フィルムテープの阪和紙業社TOP > 通気性のある素材、ガスバリア性・保香性のある素材

通気性・ガスバリア性を備えたフィルムをご紹介いたします

食品や医薬品など、品質を守ることが重要な内容物を包装・保護するフィルムには、通気性やガスバリア性などの機能性が必須ともいえます。ここでは、各機能性を備えたフィルムと提案例をご紹介いたします。


通気性のある素材

素材 不織布
特徴 さまざまなフィルム樹脂、紙等を繊維状にし、編み込むことなく製造されたものを不織布といいます。多孔性で軽く、通気性、含浸性、保液性、ろ過性、クッション性、熱接着性、柔軟性、引っ張り強度などに優れる。
用途 使い捨てオシボリ、ティーバッグ、紙おむつなどが代表的。
よく使用される業界 食品、医薬品、衛生関連

不織布の提案事例


お客様からのご要望

炭を使って湿気を取りたいが、炭を入れる袋はどういった素材がよいか?
提案事例

さまざまなフィルム樹脂、紙等を繊維状にし、編み込むことなく製造されたものを不織布といいます。不織布を袋状に加工し、炭を入れその通気性を利用して炭の持つ吸湿性を発揮させることを提案しました。
通気性のあるフィルム:不織布の提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら
ページトップへ

ガスバリア性・保香性のある素材

匂いのある食品や医薬品など、品質を守ることが重要な内容物を包装・保護するフィルムには、ガスバリア性・保香性を備えていることが重要となります。ここでは、ガスバリア性・保香性を備えたフィルムと提案例をご紹介いたします。

素材 ナイロンフィルム
特徴 特有の強靭さ、絞り成形性があり、耐熱性、耐寒性、ガスバリア性に優れています。
用途 ハム、ソーセージ、ハンバーグなどの食肉加工品、かまぼこ、珍味類の水産加工品、チーズ、たくあんなどの農産加工品、その他レトルト、ボイル食品の包材として使用されています。事例はこちらをご覧下さい。
よく使用される業界 冷凍食品メーカー、乾物、塩干物メーカー

素材 PETフィルム
特徴 透明性が高く、引っ張り強度、耐衝撃性、防水、耐熱、耐寒性、耐薬品性、耐油性、電気絶縁性、保香性などに優れたフィルムです。
用途 液体スープ、冷凍、チルド食品、レトルト食品、香辛料の包装。事例はこちらをご覧下さい。
よく使用される業界 薬品メーカー、食品メーカー、精密部品関係

素材 アルミ蒸着フィルム
特徴 プラスチックフィルムにアルミを蒸着させたもの。OPP,CPP,PETPEなどの基材に蒸着加工する。
用途 ポテトチップスなどの菓子類、羊羹、アイスクリーム、粉コーヒー、米袋、お茶袋、その他。事例はこちらをご覧下さい。
よく使用される業界 菓子メーカー、コーヒー焙煎メーカー

素材 ビニロンフィルム
特徴 単一フィルムでは二酸化炭素のガスバリアー性等、香気保存性が最もよく、耐医薬品性、耐油性も優れている。静電気が発生しにくくほこりがつきにくい。
用途 チーズ、ハム、ソーセージ、カステラの包装。深絞り用基材。事例はこちらをご覧下さい。
よく使用される業界 食品メーカー、菓子メーカー、産業資材メーカー

ナイロンフィルムの提案事例


お客様からのご要望

ノルマルパラフィンなど油分のあるパウダーを入れる袋がほしい。
提案事例

内容物に含まれている油分の透過を考慮して、ガスバリア性の高いナイロンフィルムに、さらにLLPEを裏側にラミネートした袋を提案しました。
ガスバリア性・保香性のあるフィルム素材:ナイロンフィルムの提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら

PETフィルムの提案事例


お客様からのご要望

ニンニクの粒を自動包装したいので、保香性の高いフィルムを探している。
提案事例

においに気をつける食品の中でも特ににおいのするニンニクということで、保香性の高いPETフィルムにさらに、ポリエチレンのラミネート加工を施しました。また、ご希望されていた自動包装に対応するために、お客様の設備に合わせたサイズの自動包装用ロールを提案し、喜んでいただけました。
ガスバリア性・保香性のあるフィルム素材:PETフィルムの提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら

アルミ蒸着フィルムの提案事例


お客様からのご要望

お茶を入れる袋を作りたいのだが、きらきら光るフィルムの包装紙で作りたい。
提案事例

光る質感のフィルムとして、PET蒸着フィルムでの製作を提案しました。内容物がお茶ということで、湿気や温度管理が重要になるので、さらに包装紙の内側をナイロンと蒸着PEのラミネート加工を施すことで、素材の風味を逃がさないようにしました。
ガスバリア性・保香性のあるフィルム素材:アルミ蒸着フィルムの提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら

ビニロンフィルムの提案事例


お客様からのご要望

かつお削りぶしパックを作りたい。
提案事例

鰹節の香りを逃がさないようにするために、OPP・ビニロン・PEの3層構成での製作を提案しました。これにより、保香性を高めることができました。また、表面に印刷を行い、お客様の自動包装設備に合わせて、ロール状で出荷しました。
ガスバリア性・保香性のあるフィルム素材:ビニロンフィルムの提案事例
フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
ご納品までの流れはこちら
お問い合わせはこちら
ページトップへ

ご要望や用途に合わせて最適なフィルムをご提案します

フィルムは、用途、内容物、使用環境などを考慮した上で最適な素材を選び、必要に応じて印刷・加工等を加えていくことが必要です。阪和紙業社では、フィルムのプロとして最適なアドバイスをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

フィルムテープの専門家・阪和紙業社について詳しくはこちら
納期・ロット・サイズについて詳しくはこちら

各種業務用テープのことなら阪和紙業社にお任せ下さい。

お問い合わせはお電話・FAX・インターネットで承っております。
(営業時間 8:30〜17:30 土日祝休み)

TEL:06-6702-0549 FAX:06-6702-5809

E-mail:info@hanwashigyousha.co.jp

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝え下さい。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用下さい。
折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちら